クラシック音楽入門、ジャズ入門、お勧め音楽集と治験の活性化 ホーライ

ホーライのお勧め音楽集と治験の活性化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

闘う歌を今、唄えるのは

闘う歌を今、唄えるのは吉田拓郎では(残念ながら)なくて、中島みゆき、だ。

古くは「世情」から「ファイト」、「永遠の嘘をついてくれ」、そして「宙船」。



いつか、彼女を越える歌手が出てくることを願っています。(中島みゆき、ひとりでは、僕らの時代があまりにもセツナイ。)


中島みゆき/ベストアルバム 大吟醸





中島みゆき/元気ですか





中島みゆき/ララバイSINGER







全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ


スポンサーサイト

PageTop

治験のポータルサイト1つ無い日本

治験が空洞化しているとか、活性化しないといけないとか言っているくせに、日本には創薬ボランティアが自分で参加できる治験を検索できるサイトが無い。

例えば、僕が花粉症だとして、今、現在、花粉症の治験をやっているかどうか、もしやっているとしたら、どこの病院でやっているのか、探そうとすると、全然ダメである。

花粉症なら、まだ少しは我慢できるが、これが「がん」やオーファンドラッグ対象の「難病」だった場合、切実に困る。

例えば僕が市販の抗がん剤がもう効かないことが分かり、抗がん剤の治験薬を使って欲しいと思っても、これまた、どこの病院でどのような抗がん剤の治験をやっているかを検索できるサイトが無い。


では、こういうサイトは作れないのだろうか?

やろうと思えば作れる。それも簡単に。


まず、日本で治験を行う場合、製薬会社(治験依頼者)は、治験の内容と、その治験を行う病院、担当する治験責任医師の一覧表を「総合機構」(http://www.pmda.go.jp/)へ提出する。

そこで、その治験が対象としている疾患名と治験をやっている病院と治験責任医師の名前だけでも公表してくれれば、それでことは済むはずだ。
(何もプロトコルを公開して欲しいと言っているのではない。)


どうして、できないのだろう?

製薬会社(治験依頼者)も公表できる部分とできない部分が分かっていると思うが、治験の内容と、その治験を行う病院、担当する治験責任医師の氏名は製薬会社(治験依頼者)が公表してもいい範囲のはずだ。

それを公表するだけで、治験が活性化するし、自分たちの治験の登録スピードも上がると思うのだが、どうだろう?


それよりも何よりも、国民(特に患者さん)が困っているのに、それをどうにかしたいと思わないのだろうか?

治験の活性化の1つの方策に「今、日本全国で行っている治験の種類(対象疾患)と実施している病院名、治験責任医師名」を検索できるサイトを是非、造って欲しいのだ。

自分ががん患者だったらどうする? 

あるいは愛すべき家族が、恋人がそうだったら、治験を検索できるサイトが欲しいと絶対に思うことだろう。

違うかな?




全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ


PageTop

孤高の天才リヒテルと説明不要のカラヤンというガチンコ勝負

『チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番』と『ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番』というトンデモナイ(超名曲同士の)組み合わせのCD。

しかも孤高の天才リヒテルと説明不要のカラヤンというガチンコ勝負。

二人ともやりすぎじゃないかと思うほど熱いぜ!!

濃ゆくて情熱がホトバシル音楽が聴きたかったら、この1枚だ。



巨匠リヒテルが壮年期に残したチャイコフスキーとラフマニノフの“凄絶”な名演が堪能できる。

このCDは20世紀が残してくれた遺産、宝物だ。

それをこうして21世紀の、しかも「自室」で聴くことができる奇跡! 感涙ものです。



いいのかな~~。これほどの音楽がこんな値段で(嬉しくていいんだけれど)。


ホント、エジソンさんには感謝するよ。(ついでにCDを発明した人にも。)

ちなみにエジソンはレコード(蓄音機)を発明した際に、この発明品は「遺言」等の大事な言葉を記録するという用途を想定していた。

ところが、世間では「エンターテイメント(娯楽)」の音楽の録音なんぞに使ったものだから、エジソンおじさんは怒ったらしい。

でも、世界で最初のレコード録音もエジソン本人の彼が歌った「メリーさんの羊」だったよな、たしか・・・・・・。



ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番|チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番




チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番






心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ

PageTop

「新たな治験活性化5カ年計画(案)」へのパブリックコメント意見要旨等

先日までパブリックコメントを募集していた「新たな治験活性化5カ年計画(案)」に対するコメント意見がまとまったようです。
それぞれの意見とそれに対する当局の回答が載っています。
とても興味深いので、是非、読んでみましょう!


第8回 次期治験活性化計画策定に係る検討会の資料
      ↓
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/02/s0223-6.html



「新たな治験活性化5カ年計画(案)」へのパブリックコメント意見要旨等が興味深いし、さらに工程表の例(案)もいい感じです。

皆さんの意見は反映されましたか?

他にも下記の資料を見ることができますよ。



資料1: 次期治験活性化計画策定に係る検討会開催要綱 (PDF:111KB)

資料2: 次期治験活性化計画策定に係る検討会構成員名簿 (PDF:106KB)

資料3: 「新たな治験活性化5カ年計画(案)」へのパブリックコメント意見要旨等(PDF:350KB)

資料4: 新たな治験活性化5カ年計画(案)(1~4ページ(PDF:443KB)、5~8ページ(PDF:477KB)、9~13ページ(PDF:519KB)、14~20ページ(PDF:442KB)、21~32ページ(PDF:409KB)、全体版(PDF:926KB))

資料5: 文部科学省「臨床研究・研究支援人材養成事業」「橋渡し研究支援推進事業」(PDF:227KB)

資料6: 厚生労働省中核病院・拠点医療機関関係事業の今後の予定について(案)(PDF:84KB)

竹内正弘構成員提出資料(PDF:62KB)



参考資料1(構成員のみ配布):「新たな治験活性化5カ年計画(案)」に対するパブリックコメント意見書(写)

参考資料2:「中核病院・拠点医療機関におけるCRCの配置の目標」の考え方について(案)(PDF:69KB)

参考資料3:工程表の例(案)(PDF:137KB)




全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ


PageTop

「リリカルで繊細な」ビル・エヴァンス


『ワルツ・フォー・デビイ』:ビル・エヴァンス


“ピアノ・トリオの理想”と呼ばれた、ビル・エヴァンス、スコット・ラファロ、ポール・モチアンからなる黄金トリオの究極の名盤。

表題曲「ワルツ・フォー・デビイ」を筆頭に奇蹟的名演が並ぶ。


ジャズ・クラブでのライブ録音。(食器の触れ合う音やお客の話し声、笑い声まで入っている。ちなみに最後の曲に入っている笑い声は絶妙で、まるで演出しているかのような笑い声で、この演奏には欠かせないようだ。)


日本で一番売れたジャズのベスト10に間違いなく入る定番だ。

1曲目からして「リリカルで繊細な」ビル・エヴァンスのピアノが聴ける。

僕は落ち込むと、よくこのアルバムを聴いている。



静かにしっとりとしたジャズを聴いてみたい、と思ったら、このアルバムです。



ワルツ・フォー・デビイ+4




ワルツ・フォー・デビイ+4






全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。