クラシック音楽入門、ジャズ入門、お勧め音楽集と治験の活性化 ホーライ

ホーライのお勧め音楽集と治験の活性化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

音に色があるムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

19世紀的ヴィルトゥオーゾの流れを汲むベルマンのピアノ版と、シカゴ交響楽団の明晰で多彩な響きによって、ラヴェルが意図した音響効果の妙を見事に具現化したジュリーニのオケ編曲版。

共に迫力に満ちた素晴らしい演奏だ。

2つの版の比較には格好の1枚。


「音色」と言うが、本当に音に色があることが分かる。

クラシック入門にこの曲を押す人も多いだろう。何しろ、聴いていて面白くて飽きない。

音のファンタジーをどうぞ!


ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版)・同(オーケストラ編曲版)




ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版)・同(オーケストラ編曲版)(ピ





音楽が無ければ始まらない

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。